FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
まずクロスバイクのドロハン化への壁その1、ブレーキ

まず、ドロハン化にするに至って、必要なのは自転車によって違うが、自分は4つ準備した。

1.ドロップハンドル(当たり前)
20121022205420.jpg
2.STIレバー(これは人によって異なる。)
ultdi2-8.jpg
自分はSTIにしたが、ブレーキレバーだけにして変速の操作は別でする方法もある。(バーエンドシフター)

このサイトではSTIにするのでそのほかの方法の人は役に立たないかもしれない。

3.シフトワイヤーセット(アウターケーブルとインナーケーブルのセット)

4.ブレーキワイヤーセット(これはマウンテンバイク用とロードバイク用がある。もちろんロード用)

これだけで十分なはずなのだが・・・

そこで第1の壁、ブレーキの問題が出てくる。

具体的にはSTIレバーと今までのレバーはワイヤーの引き量が違う、らしい。

この解消方法は4つ

1.あきらめてそのまま

2.カンチブレーキに変える

3.そのままでトラベルエージェントというものを使う

4.キャリパーブレーキに変える



1.そのままにする。
問題点はブレーキが引けることは引けるが掛かりにくい

今までみたくギュっとブレーキレバーを握ってジャックナイフなんかできない

調整が難しい

2.カンチブレーキ
このブレーキか掛かりにくいらしい

それじゃあ意味ないんじゃないかと。

却下。

3.トラベルエージェント

これはワイヤーの引き量を2倍にするらしい

現時点ではこれが一番簡単か?

4.キャリパーブレーキ

この方法は泥除け用の穴を加工して無理やりつけるらしい

却下。


よっていままでのブレーキ+トラベルエージェントで決定。

お金もないので。

これでブレーキ問題は解決。

あとはディレイラーの問題。

↓これ、押してくれたら嬉しいです。
にほんブログ村 自転車ブログへ

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車 改造へ

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

にほんブログ村 自転車ブログ クロスバイクへ
スポンサーサイト
NEXT Entry
ドロハン化への道 ブレーキ No.2
NEW Topics
熊本へバカンス中~
携帯ポンプの使い方の動画を製作中・・・
runtasticのサイコンアプリ?
夜、こぎこぎ。
友人たちとポタリングー
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
Web page translation
検索フォーム
フリーエリア

Free counters!  ↓これ押してくれたらどんどん更新します! (特に改造とロード) にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村 自転車ブログ 自転車 改造へ
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村 自転車ブログ クロスバイクへ
このエントリーをはてなブックマークに追加
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
26722位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自転車・サイクリング
1237位
アクセスランキングを見る>>
今までで見てくれた人

Page Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。